不動産ガイア者を選び間違えたら大変?

不動産会社選びが大事なわけ

基本的に、物件は、どこの不動産会社でも扱えるものが多いです。
なぜなら、通称「レインズ」といわれる宅地建物取引業法の国土交通大臣が指定した流通機構があり、不動産会社などが閲覧できるデータベースがあるからです。
ですので、レインズに登録している仲介会社であれば、どこでも紹介してもらえます。

そのため、不動産会社選びというのが、大事になってくるのです。

不動産会社の種類と特徴

不動産会社は、大きく分けて3タイプに分けられます。

数多くの支店を抱える大手不動産会社は、紹介できる物件数が多いというのが最大のメリットです。
支店が多いので、範囲を広げて探してもらいやすいので、条件を変えながら希望の物件を探すにはよいと思います。例えば、武蔵村山市での新築を探すといった場合でも、隣の市や町までリーチして、条件によりマッチする物件を見つけることも可能です。 また、社名が有名で安心感から入りやすいということもあるでしょう。
デメリットは、すべての情報を把握しきれていない可能性もあります。
また営業担当が転勤などもあり、地元のことの知識が少ない場合もあります。

次に、フランチャイズ加盟店で、会社は大家さんと直接やり取りしていないことが多く、他社が扱っている物件を仲介することが多いです。

そしてなんといっても古くから地元で開業している小さな不動産会社。
2~3人で営業している会社です。
これらのメリットは、やはり個人経営なので紹介できる物件数は多くありませんが、直接大家さんとやり取りしているケースが多く、その地元のことを熟知していることです。 周辺情報などに詳しいことが多いです。

大家さんと長い付き合いがあるため、家賃交渉などがしやすい、借りた後の話もしやすいなどのメリットがあります。

また、掘り出し物が眠っているケースもあります。

バイタルサインとは?測定方法や基準値について

バイタルサインとは

バイタルサインとは「生命徴候」のことで、脈拍、呼吸、体温、血圧、意識レベルの5つがバイタルサインの基本です。

病院などでは基本的に朝・昼・晩と1日に3回測定し、記録します。

バイタルサインの測定の目的

客観的なデータをもとにアセスメントすることで、全身状態の変化や異常の徴候を早期に発見することができると考えられています。

バイタルサイン は、基準値から逸脱しているかどうかだけでなく、前回の測定時と比べて変化があるか、前日の測定時と比べて変化があるかをみることも大切です。

脈拍測定

血液が心臓の拍動によって動脈に駆出され、末梢血管まで到達するときに起こる波動を触知しているものを「脈拍」と呼びます。

基準値:60~100回/分

頻脈:拍動頻度がだいたい1品あたり100回以上と、多い場合
徐脈:拍動頻度がだいたい1分あたり50回以下と、少ない場合

測定位置

介護などを経験されている方は日頃から要介護の方と触れ合うのでご存知かと思いますが、脈拍が触れる場所はいくつかありますが、最も脈が触れやすい「橈骨動脈」を選択するのが一般的です。ただし、血圧が60mmHg以下の場合、撓骨動脈では脈拍を触知することができません。また、膝窩動脈・後脛骨動脈・足背動脈は脈拍数の測定に使用することはほとんどなく、主に下腿の循環動態を把握したいときに選択します。