家選びは○○が大切?失敗しない家選び

失敗しない家選びのポイント!
大半の人にとって、家は一生に一度の買い物です。金額も大きなものとなるため、家選びは慎重に行っていく必要があります。ここでは、そんな家選びにお悩みの人必見の、新築一戸建て購入時のポイントと一連の流れを徹底的に解説していきます。物件の決定から住宅ローンの申し込み、そして購入後の費用について知っておくことで、失敗のない家選びを実現していきましょう。
 

新築一戸建てを購入する際のポイント
新築一戸建てを購入する際のポイントは、大きく5つあります。
1つ目は購入エリアです。職場や学校などへのアクセスを考えて購入エリアをある程度絞っていくことが、家選びのファーストステップとなります。職場へのアクセスを車にするか電車にするかによってもエリアの設定は大きく変わってくるので、メインとなる交通手段についてはしっかりと考えておくことが大切です。

2つ目は周辺環境です。治安の良し悪しはもちろん、公園や図書館など公共施設の有無も確認できるとよいでしょう。また、スーパーや薬局、病院など生活に欠かせない施設の所在についてもチェックをしていきます。

そして、3つ目はコミュニティです。一戸建てを購入する場合、地域のコミュニティに属することとなります。町内会の運営状況や周辺住民に関する情報も収集しておくと、スムーズにコミュニティになじむことができるはずです。

4つ目は一戸建ての面積です。マンションと比較すると一戸建ては余裕のあるつくりとなっていますが、家の「敷地面積」と「延べ床面積」の2つの観点に注目することが重要です。「敷地面積」が狭いと駐車スペースや庭のスペースを十分に確保することができないため、敷地の広さももれなく確認するようにしましょう。

5つ目は間取りです。「子ども部屋を作りたい」「リビングダイニングを広くしたい」など、家の間取りについての希望をある程度固めたうえで家選びができると、生活に合った間取りが見つけやすくなります。

「建売住宅」と「建築条件付き土地」はどう違う?
新築一戸建てを買うときには、大きく分けて(1)「建売住宅」を購入する場合と(2)「建築条件付き土地」を買って住宅を建てる場合の2つのパターンがあります。
(1) 「建売住宅」を購入する場合
「建売住宅」は売主の不動産会社などが計画して建てる住宅を「土地付き建物」として一体で売買契約するもので、新築一戸建ての購入では一般的なパターンです。購入者が決まり、契約が終わってから建築工事に着手するケースもあるでしょう。
(2)「建築条件付き土地」を買って住宅を建てる場合
「建築条件付き土地」は、売主が指定する建築業者などとの間で一定期間内に建築工事請負契約を締結することを条件にした「土地の売買契約」です。土地の購入者(買主)は建物の注文者(施主)となるため、土地と建物が別々の契約として扱われることに注意しなければなりません。
また、建築条件付き土地の契約では、建築する住宅について十分な打ち合わせが行われ、その設計や間取りについて注文者(土地の購入者)の意向が十分に反映されることが前提です。
そのため、土地の売買契約と建物の建築工事請負契約を同じタイミングでするような場合、あるいは建築する住宅に選択の余地がなく注文者の意見が取り入れられないような場合は、契約のうえで問題のある取引です。
なお、建築条件付き土地の売買契約で定めた一定期間内に建物の建築工事請負契約が成立しないとき、原則として土地の売買契約は白紙解除されます。

新築の戸建をネットで調べるときには、吉祥寺 新築 戸建て、立川 新築 戸建てなど気になる市や住みたい地域を具体的に入れて検索をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です