これからの時代は家庭用蓄電池が必要になる??

これからの時代は家庭用蓄電池が必要になる??

結論、これからの時代は一戸建てであろうとマンションであろうと日本社会において、いや全世界において、家庭用蓄電池が必要になると考えられます。省エネ、創エネ、蓄エネ、さらにはエネルギーマネジメントとすべての要素を家庭で完結する時代がやってくることになるでしょう。家庭用蓄電池そのものだけではなく、ソーラーパネルや電気自動車などすべてのものが電化で賄われることにより、かつマネジメントすることで発生する二酸化炭素が著しく減少することで環境にも優しい社会を目指すことが間違いありません。
まだまだ上記のルーティーンを回していくためにはハードそのものが高く現実的ではありませんが、いずれにしても必要な時代はやってくると考えられます。

家庭用蓄電池の価格はどのくらいなの?

家庭用蓄電池は蓄電の容量や大きささらには用途によって様々なタイプが発売されています。大型のものでは400万円、据え置き型では100万円弱の製品も販売されています。
地域によっては治したい事で補助金制度を設けていますので場合によっては少し安く調達することができます。また蓄電池の本体以外にも必要となる費用はシステム構築や工事費用になります。蓄電池だけではなく、コントロールパネルなどもセットで購入するともちろん費用は高くなります。
一般のご家庭で電気をある程度蓄える容量を考えれば100万円レベルでも問題ないかと思います。高価な蓄電池は容量以上に導入後の機能の差別化によるスペックの差が大きいと考えた方が良いと思います。

家庭用蓄電池はこれからの社会に必要なモノ

世界でエネルギーが枯渇していること、二酸化炭素の排出を抑えるためにもオール電化が、まずは先進国で実現することが大きな命題だと思います。そして、究極のオール電化が家庭用蓄電池を中心とした省エネ、創エネ、畜エネ、エネルギーマネジメントによる循環になります。
これらのエネルギーマネジメントを各家庭で完結すること、さらには家庭で生み出した余剰な電力を自治体を中心とした大きなコミュニティーで活用することにより、さらにエネルギー行政がエコになっていきます。
結果的に、電力の売買コスト、スキームはまだまだ模索中ですが家庭を蓄電池などをコアとしたスキームがきちんとできれば、究極のオール電化が実現する日も近くなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です