古くなったユニットバスをリフォームをして新品同様の風呂を手に入れませんか?

ユニットバスとは?

ユニットバスとは、壁、天井、床、浴槽などが全て一体化している浴室のことを言います。あらかじめ工場でそのようなパーツが防水性の高い素材を用いてセットで製造されており、住宅施工の際にそれらを搬入し、現場で組み立てた浴室のことを指します。
具体的に言うと、浴槽と合わせて洗面台やトイレが浴室内に存在しています。
ユニットバスは、浴槽、洗面台、トイレなどの水回りが全て同じ箇所にまとまっているので、掃除がしやすく清潔を保たれやすいというメリットがあります。
床や壁などにもつなぎ目がないため、溝などに汚れが溜まってしまうというようなことを防ぐことが可能です。
また、気密性に優れているため、寒い冬場であっても比較的お湯の温度を保持することができます。
一方で、デメリットとして挙げられるのは、あらかじめ全てが作られている設備なので、事前に用意されている商品の中から選ばないといけない点です。
そのため、個性的な住まいを追求しているような人は満足できないケースも考えられます。

ユニットバスが古い?リフォームを考えよう

ユニットバスが古くなっている場合は早めにリフォームを検討しましょう。
リフォームの目安としては、15年程度だと一般的に言われています。
それ以上が経過している場合であっても、普段からマメに掃除や換気をされているのであれば長く使用できるケースもあります。
しかし、ユニットバスは浴槽と合わせて、洗面台やトイレなどの水回りが一ヵ所にまとまっているため、湿気がこもりやすくカビなども生えやすいです。
パッと見は、カビが生えていなくて、特に目立った汚れはないように見えても、実は見えないところにカビや汚れが出てきていることもあります。
また、長く使用すれば使用するほど、劣化していき壁や浴槽に亀裂が入ってしまうことも考えられます。
そうなると、シロアリの被害などの問題にもつながり兼ねません。
見た目は古くなっていないと感じる場合であっても、15年という数字で一度交換を検討した方が良いでしょう。

現在、ユニットバスが古くなったり壊れたりして交換を検討されている方は、ぜひ横浜のユニットバスのリフォーム業者にご依頼ください。
現在は期間限定で割引価格にてサービスを提供しております。
そのため、通常よりもリーズナブルな価格で対応することが可能です。
ユニットバスは規格品ですので、現在の住宅に合ったものが見つからないことを心配されている方も多いと思います。
しかし、あらゆる種類を用意しておりますので、その点についてもご安心ください。
施工に当たっての現場検査や見積もりは無料ですので、少しでも興味のある方は遠慮なく一度ご相談ください。
今までに数々の実績を積んできているベテランのスタッフが丁寧に対応いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です