海外Wi-Fiレンタルはどのサービスを利用するのがおすすめ?

グローバルWiFiは200以上の国と地域に対応したWiFiルーターのレンタルサービスで、現地の人と同じようにインターネットが利用できます。

グローバルWiFiは24時間365日サポートが受けられるので、初めて利用するという方でも安心して利用することができます。

またグローバルWiFiには現在73ヶ国に対応する無制限プランも存在していて、対応した地域であれば容量を気にせずにインターネットを利用することができます。

渡航中の容量追加に関しても82ヶ国と業界最多で、24時間対応が可能で反映されるのも早いのでとても便利です。

イモトのWiFiは海外用ポケットWi-Fiのレンタルサービスで、世界の200以上の国と地域に対応していて、海外でも快適にインターネットが利用できます。

1ヶ国渡航プランや2ヶ国以上渡航プランなど、イモトのWiFiには利用シーンに合わせたプランが存在しているので、幅広い需要に対応することができます。

50ヶ国以上に対応した無制限プランもあるので、対応した国であれば通信量を気にせずにインターネットを利用することも可能です。

またイモトのWiFiは受取方法や返却方法が多く、空港カウンターや宅配など都合に合わせて選べるので利用しやすいです。

ワイホーは海外用WiFiルーターのレンタルサービスで、現在は200ヶ国以上の国や地域に対応していて、多くの国や地域でインターネットを利用することができます。

ワイホーのプランは1カ国用プランと複数カ国用プランの2タイプで、シンプルで分かりやすいので初めての人でも利用しやすいです。

利用方法も簡単でインターネットで申し込んだら宅配または空港カウンターで受け取り、利用後も受取時と同様に宅配または空港カウンターで返却するだけです。

24時間365日コールセンターでサポートが受けられるので、利用中に困ったことがあっても安心です。

とらさぽ.comは海外用WiFiルーターのレンタルサービスの比較サイトで、各レンタルサービスの特徴や料金比較などが詳しく掲載されています。

とらさぽ.comでは多くの海外用WiFiルーターのレンタルサービスを詳しく紹介しているので、とらさぽ.comを見るだけで自分に合ったレンタルサービスを見つけることができます。

またとらさぽ.comでは海外用WiFiルーターのレンタルサービスの比較だけでなく、海外でのインターネットの接続方法や海外旅行の準備方法や持ち物など、初めての海外旅行に役立つ情報もたくさん掲載されています。

初めての海外旅行で色々と不安があるという方もとらさぽ.comを読めば安心ので、ぜひとらさぽ.comを参考にしてください。

ランニングに使っていたiPhoneをうっかり落としてしまった。

私は日課でジョギングをしているのですが、その際にiPhoneで音楽を聴きながら走っています。

その日も普段通りにiPhoneで音楽を聴きながら走っていたのですが、ちょうど横断歩道で信号待ちをしている時に電話が来たので、ポケットからiPhoneを出して通話をしました。

通話が終わりiPhoneをポケットに入れて再び走り始めたのですが、50mほど走ったところでいきなりガンッと大きな音がしたので振り返ると、iPhoneが地面に落っこちていました。

どうやらポケットに戻した時にしっかりとiPhoneを奥まで入れてなかったようで、急いでiPhoneを拾って確認したのですが、画面に思いっきりヒビが入っていました。

故障したのはiPhoneの画面で落とした時に画面から地面に落ちてしまったようで、画面には大きなひびが入ってバキバキに割れていました。

幸い画面は割れたものの操作は問題なくできたのですが、画面の上部から下部に向かってできた大きなひびを中心に細かいひび割れがたくさんあり、買ってから間もなかったiPhoneの画面はかなり見栄えが悪くなってしまいました。

幸い画面が割れても操作すること自体は問題なくできたので、とりあえず必要なデータをしっかりとバックアップしました。

ただそれ以上は自分ではどうしようも無かったので、修理に出すことに決めました。

そこでネット調べてみるとキャリアショップや代理店は時間が掛かると紹介されていたので、自宅の近くにあった修理屋に持っていくことにしました。

iPhoneを修理に出すのは初めてだったので不安もあったのですが、特に問題は無かったので概ね満足しています。

正直修理には3〜4日くらいは掛かるものだと思っていたのですが、修理屋さんの対応は思った以上に早く、その日のうちに対応してもらえたのでとても助かりました。

料金についてもリーズナブルだと感じましたし、仕上がりについても満足しているので、思い切って街の修理屋さんに修理に出して正解でした。

以前の私は特に画面に保護フィルムやガラスフィルムを貼ってはいなかったのですが、完全に剥き出しだと落とした時に割れるリスクがより高くなると思うので、保護フィルムなりガラスフィルムなりを貼る対策は必要だと思います。

またケースに入れておけば仮に落としたとしても壊れるリスクを軽減することはできるので、持ち歩く時はiPhoneをしっかりとケースに入れておくことも重要な対策だと思います。

あとはストラップを使用すれば落下するリスクを大幅に軽減することができるので、ストラップホール付きのケースを使うなどしてiPhoneにストラップを付けておくことも大切だと思います。

こういった対策をして置けばiPhoneを落とすことは無くなると思いますし、もし仮に落としても画面が割れたりする可能性はかなり低くなると思います。

サイトから電話やWebができるのは便利だと思いますし、最短15分から即日修理対応が可能という点は魅力的だと感じました。

駅から車で5分と立地も良いので利用しやすいと思いますし、修理料金の一覧を見る限りとてもリーズナブルなので、その点についても良いところだと思いました。

iPhone修理だけでなくiPadやiPodの修理にも対応していてとても便利な印象なので、機会があったら利用してみたいと思いました。

家選びは○○が大切?失敗しない家選び

失敗しない家選びのポイント!
大半の人にとって、家は一生に一度の買い物です。金額も大きなものとなるため、家選びは慎重に行っていく必要があります。ここでは、そんな家選びにお悩みの人必見の、新築一戸建て購入時のポイントと一連の流れを徹底的に解説していきます。物件の決定から住宅ローンの申し込み、そして購入後の費用について知っておくことで、失敗のない家選びを実現していきましょう。
 

新築一戸建てを購入する際のポイント
新築一戸建てを購入する際のポイントは、大きく5つあります。
1つ目は購入エリアです。職場や学校などへのアクセスを考えて購入エリアをある程度絞っていくことが、家選びのファーストステップとなります。職場へのアクセスを車にするか電車にするかによってもエリアの設定は大きく変わってくるので、メインとなる交通手段についてはしっかりと考えておくことが大切です。

2つ目は周辺環境です。治安の良し悪しはもちろん、公園や図書館など公共施設の有無も確認できるとよいでしょう。また、スーパーや薬局、病院など生活に欠かせない施設の所在についてもチェックをしていきます。

そして、3つ目はコミュニティです。一戸建てを購入する場合、地域のコミュニティに属することとなります。町内会の運営状況や周辺住民に関する情報も収集しておくと、スムーズにコミュニティになじむことができるはずです。

4つ目は一戸建ての面積です。マンションと比較すると一戸建ては余裕のあるつくりとなっていますが、家の「敷地面積」と「延べ床面積」の2つの観点に注目することが重要です。「敷地面積」が狭いと駐車スペースや庭のスペースを十分に確保することができないため、敷地の広さももれなく確認するようにしましょう。

5つ目は間取りです。「子ども部屋を作りたい」「リビングダイニングを広くしたい」など、家の間取りについての希望をある程度固めたうえで家選びができると、生活に合った間取りが見つけやすくなります。

「建売住宅」と「建築条件付き土地」はどう違う?
新築一戸建てを買うときには、大きく分けて(1)「建売住宅」を購入する場合と(2)「建築条件付き土地」を買って住宅を建てる場合の2つのパターンがあります。
(1) 「建売住宅」を購入する場合
「建売住宅」は売主の不動産会社などが計画して建てる住宅を「土地付き建物」として一体で売買契約するもので、新築一戸建ての購入では一般的なパターンです。購入者が決まり、契約が終わってから建築工事に着手するケースもあるでしょう。
(2)「建築条件付き土地」を買って住宅を建てる場合
「建築条件付き土地」は、売主が指定する建築業者などとの間で一定期間内に建築工事請負契約を締結することを条件にした「土地の売買契約」です。土地の購入者(買主)は建物の注文者(施主)となるため、土地と建物が別々の契約として扱われることに注意しなければなりません。
また、建築条件付き土地の契約では、建築する住宅について十分な打ち合わせが行われ、その設計や間取りについて注文者(土地の購入者)の意向が十分に反映されることが前提です。
そのため、土地の売買契約と建物の建築工事請負契約を同じタイミングでするような場合、あるいは建築する住宅に選択の余地がなく注文者の意見が取り入れられないような場合は、契約のうえで問題のある取引です。
なお、建築条件付き土地の売買契約で定めた一定期間内に建物の建築工事請負契約が成立しないとき、原則として土地の売買契約は白紙解除されます。

新築の戸建をネットで調べるときには、吉祥寺 新築 戸建て、立川 新築 戸建てなど気になる市や住みたい地域を具体的に入れて検索をしてみましょう。

XMゼロ口座はこんな人におすすめ!適切な口座で取引して稼ごう!

XMゼロ口座はこんな人におすすめ!適切な口座で取引して稼ごう!

ゼロ口座にはメリット・デメリットがたくさんありましたがそれらを踏まえると、結局ゼロ口座を使うべきなのかどうなのか分からなくなってきた方も多いと思います。XM口座に悩んでいる人は参考にしてみてください!
以下ではどういう人がゼロ口座に向いているかについて、ご説明していきたいと思います。

ボーナス目当てではない人

XMの特徴として高額ボーナスが挙げられますが、上述した通りゼロ口座では初回口座開設時の3000円しかもらうことができません。
スタンダード口座やマイクロ口座ではその他にも「100%初回入金ボーナス(上限5万円)+と20%追加入金ボーナス(上限なし)」の特典やXMロイヤルティポイントがもらえます。
これらのポイントは口座開設をした後にそのまま取引に利用して、利益が出たら出金することも可能です。
そういった意味で、初めのうちは自分の資金をリスクにさらしたくないという方にとってはスタンダード口座などが向いています。
しかし、そういったポイントが必要ないという方にとってはゼロ口座で良いかもしれません。

自分の指定した価格でできるだけ購入したい人

ゼロ口座ではECN方式を採用しているため、トレーダーと市場の間にブローカーが介在することなく取引を行います。
間にブローカーがいると指値通りに注文が執行されないときが時々あります。
国内業者では別の価格を提示してくることがよくあり、そういったことを経験されている方はECN方式を採用しているゼロ口座を使うと悩みが解決されるでしょう。

取引手数料を経費として申告できる(節税)

ゼロ口座の取引手数料は、「取引明細書」として出力ができます。
取引明細書があることで、 取引手数料が発生したことを証明でき、FXにおける利益を得るためにかかった「経費」として確定申告で認められます。
スプレッドは経費として認められませんが、取引手数料は経費として認められますので少しでも節税しましょう。

XMゼロ口座(ZERO口座)の手数料とスプレッド

XMゼロ口座は、スプレッドが狭い代わりに取引手数料が発生する口座タイプです。
まずはXMゼロ口座の最大の特徴である、取引手数料とスプレッドの仕組みを把握しましょう。

XMゼロ口座のみ取引手数料がかかる
XMの3タイプの口座のうちXMゼロ口座の取引手数料が発生します。
そして、気になるのは取引でどれくらいの手数料が引かれるのかという点ですよね。
XM Zero口座では、100,000ドルの取引に対して手数料が5ドル発生することになります。
また、取引を行うプラットフォームにはMT4とMT5がありますが、どちらを利用するかによって手数料を引かれるタイミングが以下のように異なってきます。
• プラットフォームがMT4の場合….取引発注時に往復分(発注と決済)の手数料がまとめて口座から差し引かれる
• プラットフォームがMT5の場合….取引発注時と決済時にそれぞれのタイミングで手数料が口座から差し引かれる
また、公式サイトの表現も非常に分かりにくいのですが、100,000ドルの取引に対して手数料が5ドル発生というのは「片道5ドル」という意味になっています。
往復の手数料と勘違いしてしまうのですが、往復だと10ドルという意味になりますので注意しましょう。

XMゼロ口座のみ取引手数料がかかってしまいますが、ゼロ口座で取引すると高くつくのかというとそういう訳でもありません。
それは「手数料なし」と表記されている「マクロ口座」や「スタンダード口座」には手数料がない代わりにスプレッドが比較的広めに設定されているためです。
FXにおけるスプレッドとは、売値と買値の差のことを言います。
この売値と買値の差は、公式に「手数料」とは言われていませんが、実質は取引の際に発生する手数料のようなものです。
売値と買値の差がほぼない場合には「スプレッドが狭い」と表現され、売値と買値の差があるほど「スプレッドが広い」と表現されます。
スプレッドは手数料のようなものですので、基本的にはスプレッドが狭いほどコストがかからないと判断していきます。
(ただし、コストがかかるかからないを決めるのは、スプレッドの広さだけではありませんので注意してください)

【最初が肝心】不動産会社を選ぶところから不動産選びは始まっている

どうして不動産会社選びが大事なの?

基本的に、物件は、どこの不動産会社でも扱えるものが多いです。
なぜなら、通称「レインズ」といわれる宅地建物取引業法の国土交通大臣が指定した流通機構があり、不動産会社などが閲覧できるデータベースがあるからです。
ですので、レインズに登録している仲介会社であれば、どこでも紹介してもらえます。

そのため、不動産会社選びというのが、大事になってくるのです。

不動産会社にはどんな種類と特徴がある?

不動産会社は、大きく分けて3タイプに分けられます。

数多くの支店を抱える大手不動産会社は、紹介できる物件数が多いというのが最大のメリットです。
支店が多いので、範囲を広げて探してもらいやすいので、条件を変えながら希望の物件を探すにはよいと思います。例えば、東大和市での新築を探すといった場合でも、隣の市や町までリーチして、条件によりマッチする物件を見つけることも可能です。 また、社名が有名で安心感から入りやすいということもあるでしょう。広くたくさんの物件を見ることができるのは、探す側の身としては、とてもありがたいことです
デメリットは、すべての情報を把握しきれていない可能性もあります。
また営業担当が転勤などもあり、地元のことの知識が少ない場合もあります。

次に、フランチャイズ加盟店で、会社は大家さんと直接やり取りしていないことが多く、他社が扱っている物件を仲介することが多いです。

そしてなんといっても古くから地元で開業している小さな不動産会社。
2~3人で営業している会社です。とっても小さい会社です
これらのメリットは、やはり個人経営なので紹介できる物件数は多くありませんが、直接大家さんとやり取りしているケースが多く、その地元のことを熟知していることです。 周辺情報などに詳しいことが多いです。

大家さんと長い付き合いがあるため、家賃交渉などがしやすい、借りた後の話もしやすいなどのメリットがあります。

また、掘り出し物が眠っているケースもあります。

不動産ガイア者を選び間違えたら大変?

不動産会社選びが大事なわけ

基本的に、物件は、どこの不動産会社でも扱えるものが多いです。
なぜなら、通称「レインズ」といわれる宅地建物取引業法の国土交通大臣が指定した流通機構があり、不動産会社などが閲覧できるデータベースがあるからです。
ですので、レインズに登録している仲介会社であれば、どこでも紹介してもらえます。

そのため、不動産会社選びというのが、大事になってくるのです。

不動産会社の種類と特徴

不動産会社は、大きく分けて3タイプに分けられます。

数多くの支店を抱える大手不動産会社は、紹介できる物件数が多いというのが最大のメリットです。
支店が多いので、範囲を広げて探してもらいやすいので、条件を変えながら希望の物件を探すにはよいと思います。例えば、武蔵村山市での新築を探すといった場合でも、隣の市や町までリーチして、条件によりマッチする物件を見つけることも可能です。 また、社名が有名で安心感から入りやすいということもあるでしょう。
デメリットは、すべての情報を把握しきれていない可能性もあります。
また営業担当が転勤などもあり、地元のことの知識が少ない場合もあります。

次に、フランチャイズ加盟店で、会社は大家さんと直接やり取りしていないことが多く、他社が扱っている物件を仲介することが多いです。

そしてなんといっても古くから地元で開業している小さな不動産会社。
2~3人で営業している会社です。
これらのメリットは、やはり個人経営なので紹介できる物件数は多くありませんが、直接大家さんとやり取りしているケースが多く、その地元のことを熟知していることです。 周辺情報などに詳しいことが多いです。

大家さんと長い付き合いがあるため、家賃交渉などがしやすい、借りた後の話もしやすいなどのメリットがあります。

また、掘り出し物が眠っているケースもあります。

バイタルサインとは?測定方法や基準値について

バイタルサインとは

バイタルサインとは「生命徴候」のことで、脈拍、呼吸、体温、血圧、意識レベルの5つがバイタルサインの基本です。

病院などでは基本的に朝・昼・晩と1日に3回測定し、記録します。

バイタルサインの測定の目的

客観的なデータをもとにアセスメントすることで、全身状態の変化や異常の徴候を早期に発見することができると考えられています。

バイタルサイン は、基準値から逸脱しているかどうかだけでなく、前回の測定時と比べて変化があるか、前日の測定時と比べて変化があるかをみることも大切です。

脈拍測定

血液が心臓の拍動によって動脈に駆出され、末梢血管まで到達するときに起こる波動を触知しているものを「脈拍」と呼びます。

基準値:60~100回/分

頻脈:拍動頻度がだいたい1品あたり100回以上と、多い場合
徐脈:拍動頻度がだいたい1分あたり50回以下と、少ない場合

測定位置

介護などを経験されている方は日頃から要介護の方と触れ合うのでご存知かと思いますが、脈拍が触れる場所はいくつかありますが、最も脈が触れやすい「橈骨動脈」を選択するのが一般的です。ただし、血圧が60mmHg以下の場合、撓骨動脈では脈拍を触知することができません。また、膝窩動脈・後脛骨動脈・足背動脈は脈拍数の測定に使用することはほとんどなく、主に下腿の循環動態を把握したいときに選択します。